ミスター慶應特集TOP イベントレポート 慶應ジャーナルトップ ミス慶應特集TOP リンク

エントリーナンバー2 ジュリアン・ホプキンズさん(法・法3)
慶應を代表するお兄系サーファー!

2007ミスター慶応コンテストエントリーナンバー2番、ジュリアン・ホプキンズさん。・・・って日本人?・・・って留学生?・・・日本語しゃべれるのかな?英語の方が得意だったり?・・・でもどこか日本人らしい雰囲気だってあるし・・・ううむ?
名前も外見も日本人離れしている彼には謎が多い。それに趣味はサーフィン。現役の雑誌専属モデル。プロフィールを並べただけで話題性抜群な彼。しかし、人目を一気に引く魅力を持つのはそのせいだけではないだろう。ジュリアンでホプキンズ!な彼の謎に迫ってみた。

ジュリアン・ホプキンズさんのBlogはこちら
http://ameblo.jp/mrkeio2007-02/


■日本語も英語も、気分次第!


―失礼な質問かもしれませんが…ジュリアンさんは日本人ですか。
よく聞かれますよ(笑)ハーフです。お父さんがニュージーランドの人で、お母さんが日本人です。でも、日本には幼稚園からずっと住んでいます。

―それならやっぱり日本語の方が便利ですか?
英語と日本語、一緒ぐらいですかね。家でも気分次第で両方使っているので、特にこっちの方がいいってことはないです。

■サーフィンは生活の一部

―プロフィールの趣味にサーフィンと書いてあったんですけど、結構頻繁に行くんですか。
行きますよ!今日の朝も行ってきました。家から海が近いというのもあるので、波があればいつでも行きます。

―始めたきっかけというのは何ですか。
本当に最初にやったのは小学生ぐらいです。昔から毎年、年に2ヶ月ぐらいはハワイに行ってるんですけど、向こうだと海があってみんな当たり前のようにサーフィンをしていて…って感じなんですよ。自然な流れですね。日本だとみんな子供の頃から野球始めるみたいにサーフィンをやるという。

―何でサーフィンが好きですか。
何で好き…うーん、サーフィンはすごく真剣なスポーツだと思っていて、遊びという感じでもなくプロの資格もほしいんですけど…好きとか嫌いとかそういうのというよりは、生活の一部ですね。朝起きて海に行って…というのが日課で。

―サーフィンにもプロの資格があるんですね!
ありますよ。僕もとろうと思っていて、結構難しくて何回か落ちました(笑)。就職活動とか終わって少し余裕が出来たら、めっちゃ真剣にやってプロになりたいです。

■モデルは真剣な仕事。だけど…

―モデルの活動をされてると聞いたんですが、いつ頃から始めたんですか。
高校2年生ぐらいからですかね…。知合いに事務所を紹介してもらって報酬のいいアルバイトって感じで始めました。高校3年生の時にはCMに出てたりもしたんですけど、ちゃんと仕事としてやるようになったのは大学に入ってからですね。

―主にどんな仕事が多いですか。
雑誌の仕事が多いです。Fine(注)という雑誌では専属モデルとしてやっています。あとは広告とか。大学生になってちゃらちゃらモデルやってま〜すって感じは嫌だったので、こうやってちゃんと仕事出来て嬉しいですね。




注:Fine
日之出出版社が毎月発行しているサーフ&ストリート系マガジン。
公式ホームページ
http://www.hinode.co.jp/public/fine/fine.html

―ミスターコンテストに出るきっかけも仕事に関連することだったんですか。
出たきっかけ…なんだろうな。去年、候補者の中に同じサークルの子(八木澤慶之さん)がいて、周りから「お前出ないの?」って言われたりして…それで今年になって話が回ってきたので、何事も経験だと思って出ることにしました。

■面白い事をやって、それをみんなに知ってもらいたい。


―今3年生だと、進路について具体的に考える時期ですよね。
前からマスコミ関係の仕事をしたいと思っていたけど、夏休みにはそれとは全く関係ない企業でインターンやってたし、本当に悩みますね…色々。でも、気楽に考えるしかないなと思って。今出来ることをやっていく感じです。

―モデルの仕事を続けようとは思わなかったんですか。
すごく楽しいし、色んな経験出来るし、まあ軌道に乗れば何とかなるかもしれないんですけど、やっぱ男だし、稼げないんですよ。食べていけないなら仕事じゃないぢゃん!(笑)

―どんな仕事に就きたいんですか。
人に見られるのも好きだし、面白いことをやってみんなに知ってもらいたいと思うので、将来的にはたとえばジローラモさんみたいな『時の人』になって生活出来ればな・・・という願望があるんですけど、それはあくまでちゃんと就職して働いてからの話です。
就職活動だけが選択肢じゃないかもしれないんですけど、とりあえず今はやってみたいと思う仕事を見つけたので、頑張りたいです。

―ありがとうございました。
取材:鄭有眞、田口純子